スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚醒に至った経緯

このブログの著者である私について簡単に紹介しておきましょう。


私が覚醒したのは、25歳の時です。
きっかけは『台湾の声』というメルマガと、黄文雄氏の『近代中国は日本が作った』という本を読んだことです。

私はもともと、歴史に非常に興味がありました。
小学生の時の夢は歴史博士だったくらいです。

小学校4年生の時に中学受験の勉強を開始し、その時に初めて歴史というものを勉強しましたが、ものすごく面白く、どんどん吸収していきました。
しかしながら、幕末、明治維新以降が、全然理解できませんでした。
ただの事象の羅列だけだったのと何故日本が侵略をしなければならなかったのか全然理解できなかったからです。

流れというものが全く分かっていませんでした。

しかし、社会人になってから、中国について勉強していく中で、自然と台湾のことについて知ることになります。
その中で、『台湾の声』というメルマガに出会い、また、黄文雄氏の『近代中国は日本が作った』という著作に出会ったのです。

『近代中国は日本が作った』との出会いは衝撃的でした。(当時私は、23歳か、24歳だったと思います。)

と同時に、今までずっと疑問のまま分からなかった日本の近現代史の本当の側面、意味が分かりました。

そこからは怒涛の流れでした。

かたっぱしから関連書籍を買っては読み、買っては読み、ネットでは調べまくって、まるで今までの遅れを取り戻すが如く、片っ端から知識を吸収していきました。

そしてある書籍を読んでいる時に、鎖から全身が解き放たれて、ああ自分は日本人なんだ。という魂の復活とでもいうのでしょうか?

がんじがらめの鎖がばーーーーーーーーーっんと砕け散り、大和魂が復活したという、覚醒経験をしたのです。

これが25歳の時でした。

覚醒してしまうと、世界の歴史は当然のこと現在の国際情勢、日本の歴史、日本の現状がすべてわかりますから、ニュース番組や新聞報道を見ても何故、このニュース番組はこういう視点でこういう報道をしているのかとか、同じ事象に対して何故○○新聞はこういうスタンスなのに、△△新聞はああいうスタンスなのかとか、もうすべてが繋がって見えてしまいます。

これが覚醒することの一番大きな変化です。

日本の現状も手に取るように分かりますから、日本がこれからどうすべきかもわかりますし、当然、政治についてもこうでなければならないということも明白にわかります。

そこら辺のテレビのコメンテーターに負けないくらいの知識と見識は最低でも身につきます。

是非、一人でも多くの日本人に覚醒して頂き、祖国日本を取り巻く、内患外憂を取り除くべく、立ち上がって頂ければと思います。
プロフィール

FC2USER690283HAM

Author:FC2USER690283HAM
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
訪問者数
広告
広告
広告
広告
広告
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。